« 集めてたのしい金ホテの名刺 | トップページ | 豚バラ肉そっくりの奇石 »

趣味の活版印刷

 わたしは生家がお寺のとなりだったので、遊び場にしていた寺の庭には、よく拓本(たくほん)を採りに来ている人達がいました。小さい頃から度々その様子を見て育ったわけですが、もう最初に見た瞬間「コレハオモロイ!」と思いましたね。老後は自分も拓本をやろう! と決心しましたよ。いや、いまはまだ他の趣味が忙しいので拓本どころじゃないんですけど、でも、「そろそろだよなー」という気分が、心の中にむくむくと芽生えているのは感じますね。

■拓本の取り方
 http://www.ysn21.jp/~eipos/data/02_WB/h15/takuhon/taku_5.html
 うわ、すっごい楽しそう。早くジジイになりたい。

 で、この拓本趣味と釣り趣味が合体すると、魚拓(ぎょたく)の世界になるわけですが、いまの魚拓界はこんなことになっているのです。

■カラー魚拓
 http://www004.upp.so-net.ne.jp/yusui/top.html
 http://www.khojin.jp/
 http://homepage2.nifty.com/osakanatachi/
 ひー! やってみたいぃぃぃ!

 あと、この本も探してるんだけどなかなか売ってません。

■たい焼の魚拓/宮嶋 康彦
 http://www.amazon.co.jp/dp/4533040292/
 本屋さんが好きなので、できれば実際の本屋さんで現物を見てなでたりさすったり立ち読んだりしてから買いたいけど、Amazonで注文するか……。

|

« 集めてたのしい金ホテの名刺 | トップページ | 豚バラ肉そっくりの奇石 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 集めてたのしい金ホテの名刺 | トップページ | 豚バラ肉そっくりの奇石 »