« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

I Cut The Hair

日本で床屋に行ったエリック・クラプトン

 現在、来日公演で日本に滞在中のクラプトンが、11月20日から24日の間に髪を切った模様。
 担当した床屋さん、カットした髪はぜったい捨てずに保存してあるよね。

hozpeさんのところで尻真下)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Engadget Japaneseの中の人のファッションが凄いらしい

http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0611/13/news009.html

 ITmedia +D Life Styleの小寺信良さんが、デジタル機器ネタでは抜群の人気を誇るサイトEngadget Japaneseの主宰者「Ittousai」氏と偶然遭遇したところ、「テンガロンハットにサングラス、でも体は着流しに雪駄という『それ誰と誰のアイコラだよ』的な男」だったそうです。いいもの見たなあ。

 追記:リンク先にはIttousaiさんの素敵なお姿の画像がないので、「テンガロンハット+着流し」のイメージを絵にしようかと思ったけど、めんどくさいのでやめにして、かわりにそれっぽい画像を探してみました。

020619kamimura
 これがいちばん近いイメージのような気がしますがどうでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BECK ギターコレクション

BECK ギターコレクション
http://www.beckguitars.com/

 ハロルド作石先生原作の漫画「BECK」に登場するギターが食玩になりました。その1/12スケールとは思えないディテールの精密さで、原作ファンはもちろん、ギター好きなひとたちにも大人気のようです。ちょこっと検索すると、すでにあちこちのblogで採り上げてられているようですね。

Beck2  これはポン子のコレクション(左端に変なのが混じってますが、気にしないでください)。
 これらのギターフィギュアを見ていたら、高校時代にギブソンのカタログを型紙にしてバルサ材を削り出し、レスポールの1/6モデルをフルスクラッチしたことがあったのを思い出しましたよ(ポン子は模型少年でしたから)。でも、完成直前まで作ったところでなぜか飽きちゃって、しばらくは未完成のまま飾っておいたんだけど、その後、引越するときに捨てちゃいました。だからもう手元には残っていないのです。我ながらいい出来だったし、あれ、とっとけばよかったなあ。

 で、なんとなく自分の中でミニチュアギターのブームが盛り上がってきたので(すぐこれです)、ちょっといろいろ検索してみました。

■ミニチュアギター通販。
http://artsguitar.com/
 たまに輸入雑貨屋なんかで見かけるミニチュア・ギターを専門に集めて通販しているところです。フィギュアじゃなくて工芸品なのでお値段はそこそこしますが、なかなかよく出来ています。スケールは1/4。

■ミニチュアギターのUSBメモリー
http://item.rakuten.co.jp/nikkansports/129-gtkw256/
 これは普通にひとつ欲しいかも。全長160cmということは1/6くらいでしょうか?

■As's[ミニチュア楽器工房]
http://www.geocities.co.jp/kaz_yoshida26/index.htm
 こちらはミニチュアギター作りに燃える職人さん。スケールは1/12なので、BECKの食玩とほぼ同じ。作家による一点物ですから、いいお値段します。

■誕生日プレゼントに手作りミニギターをもらった人
http://snowice.blog5.fc2.com/blog-entry-359.html
 これはうれしいよねえ。いい友達を持ってしあわせな人だと思います。

■涼宮ハルヒ+ギターのフィギュア
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000JKRXA6
 よく知らないんですけど、これは最近人気のアニメなんですよね? 主人公(たぶん)がバニーガール姿でギターを持っています。スケールは1/6。

■McFarlane Toy'sのエルビスフィギュア
http://www.spawn.com/toys/product.aspx?product=2869
 エルビスといえば革カバー付きのアコギでしょう。いいなあ。でも、こういうものまで視野に入れ始めると、ちょっとキリがなさそうですね。

■布袋寅泰のフィギュア+ギター
http://totoro.ws/blog/archives/003632.html
 ようするにミュージシャンのフィギュアには、だいたいもれなくギターも付いてくる、ってことですね。ギター欲しさにフィギュア買って、アーティストの人形は捨てるっていう人もいるかもしれませんね。いません。

※11/15 いろいろ検索してさらに追加(↓)。

■ギター情報サイトGG-TOP
http://www.fubuki.com/ggtop/
 ギター情報サイトとは言ってますが、ミニチュアギターの販売のみやっているようです(それも現在は停止中みたい)。スケールは1/4くらいでしょうか。

■ミニチュア弦楽器
http://www5.ocn.ne.jp/~g-life/miniature_instrument.html
 こちらもスケールは1/4。完成度はかなり高いようですが、お値段もちょいと高いのでポン子には手が出ません。

■SUGIZO ギター フィギュア
http://www.pgs.ne.jp/ASP/catalog/fashion.asp?whatID=2825
 ルナシーでしたっけ? そのメンバーだったスギゾーさんのギターフィギュア。

■G-Collection
http://symy.jp/?eF_ponko
 1/6のフェンダーストラトキャスターです。付属品が凝ってますねえ。

■GUITAR MANIA COLLECTION
http://symy.jp/?t2_ponko
 クリーブランド州のイベントで展示されたギターをフィギュア化したもののようです。こういうアーティストによるペイント物というのは、ZiPPOコレクションの世界にもありましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

中島徳博作品の変な擬音

アストロじゃないけど変な擬音でいいですか?(僕たち地球人ブログ
http://tiqjin2000.blog57.fc2.com/blog-entry-53.html

 奇っ怪きわまりない擬音がたくさん登場することで知られる『アストロ球団』ですが、それ以外にも中島徳博作品には変なのがたくさんあるぞ、というお話。ギャラガーッ!で笑い死ぬかと思いました。

参考:Rory Gallagher

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おおきいの3つ

巨大ランプ
 電気スタンド型の室内灯。自分がちっちゃくなった気分にひたれる、かな?
のわすで尻真下)

ドイツの巨大なモデルさん
 最初の写真を見たときは、小さな部屋を作って目の錯覚で大きく見せかけてるのかと思ったけど、スクロールしていったらホントにでかかった!

ドイツの巨大掘削機
 でけー! GIGAZINEの紹介記事にあるリンク先もいちいち面白すぎますね。あと関係ないけどギガジンって言葉もなんか巨大ジョン・レノンみたいで笑った。
(ドイツの2つは西荻区長が教えてくれました)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »