« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

和歌山県のでっかいモミタケ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060921-00000004-agara-l30

2006092100000004agaral30view000  秋ですねえ。久しぶりに巨大な収穫ニュースをお届けします。
 和歌山県の田辺市龍神村の山中で、傘の直径25センチもあるモミタケが見つかった、とのこと。まあ食用としては「あまりおいしくない」そうなので、大きいという以外にあんまり価値はなさそうですが、キノコの角度といい、メガネのお姉さんといい、イヤハヤとにかくいい写真です。消えないうちに、保存!保存!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スコップ三味線は誰のもの?

 穴を掘るためのスコップを三味線に見立てて、鉄製の撥(ばち)で演奏するスコップ三味線がいまひそかな話題に——、というニュースをミキジさんのところで知って、そりゃ面白そうだなあと色々調べてみたら、あれれれ? なんかスコップ三味線をやってる人があっちにもこっちにもいて、しかもみんな自分が発案したって言ってますよ。

●大坊敏秀さん(北海道旭川市)
http://www.fnn-news.com/headlines/CONN00097098.html
4年前、行きつけのスナックに置いてあったスコップを遊び半分でたたいたのが、スコップ三味線を始めたきっかけ

●館岡屏風山さん(青森県五所川原市)
http://marugoto.exblog.jp/2203554/
スナックに勤める男がいました。店に流れる演歌に津軽三味線が聞こえていたある日、店の客に言われました。『ほうきはないか?』その客は“ほうき”で三味線を弾く真似をしたがっていました。男は家に帰り、考えたそうです。そして、家中を見渡しながら、三味線に似たものを探してみました。その時、ふと、思いついのが、『外に置いてあった雪かき用のスコップ』

●米本千加子さん(富山県新湊市)
http://www2.knb.ne.jp/analist2/kiji/kiji_20050718.htm
このスコップ三味線は、新湊にお住まいの米本千加子さんが考案したそうです。雨が降った夏祭り、何とか盛り上げたいと納屋にあったスコップをかき鳴らして歌ってみたら大受け!

まきこみ計画さんからのトラックバックで、もう一説あるのを知りました。ありがとうございます。

●田上小学校(鹿児島県鹿児島市)
http://keinet.com/tagamis/pta/titioya/samisen.html
スコップ三味線とは皆さんご存知ないかと思いますが、これは我々の先輩方が         行っていたもので、今回6年ぶりの復活となりました


 まあ誰が始めたとしても、面白いからそんなのどうでもいいですね。これを機会にスコップで演奏する変な人が増えてくれたら、世の中たのしくていいと思いまーす。

| | コメント (3) | トラックバック (2)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »