« ジム・オルークのサイン | トップページ | ヘンなたべもの »

存在感を追求したアンドロイド

http://robot.watch.impress.co.jp/cda/news/2006/07/21/93.html

Geminoid 「ジェミノイド」っていうそうです。この写真は、作者である石黒博士(ちょっと我孫子武丸さんに似てる)が仕事帰りに自分のコピーロボを飲みに誘ってるところですね。「新橋行くぞ!」みたいな。
 解説によると「人間の持つ“存在感”の本質を理解して工学的に応用することを目的として、遠隔操作機能を有する実在人間型ロボットのプロトタイプ『ジェミノイド(Geminoid)』を開発した」ということなんですが、ポン子の頭ではよく理解できません。東京タワー蝋人形館のジミー・ペイジよりは高機能、ってことですよね?

|

« ジム・オルークのサイン | トップページ | ヘンなたべもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19366/11214945

この記事へのトラックバック一覧です: 存在感を追求したアンドロイド:

« ジム・オルークのサイン | トップページ | ヘンなたべもの »