« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

札幌時計台ライブカメラ

http://jyoho.hokkaido-np.co.jp/tokeidai/wma/

 札幌時計台の向かい側から観光客を写しているライブカメラです。せっかくきたのにちっともロマンチックじゃなくて激しくガッカリして帰るひとたちを観察しよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヘンなたべもの

 前にキリンのバーベQについて書きましたが、他にもヘンな“食”を見つけたのでリンクします。いわゆる「ゲテモノ食い」とはちょっと違うんだな。ムカデの唐揚げとか豚のキンタマ刺しとか、そういうのはただ気持ち悪いだけで、按図索駿的には面白くないのです。ジビエという概念が、わりと近いでしょうか。近くありません。

●金魚のかき揚げ
 金魚は苦いらしいです。
 ていうか味以前に寄生虫いるんじゃないの?

●ラクダのステーキ
 最後のところにひかえめに載ってる写真がイイ。

●東京の中心で毎日ぶら下がるイノシシの死体
 ポン子は両国育ちなので、ときどきイノシシ触りに行ってました。
 あと下にたれてる鼻血で地面に落書きとかしたな。
 というのは40年前の話ですが、いまもぶら下がっているのです。 

●フラミンゴの食べ方
 足は素揚げにして塩まぶしたらビールに合いそうです。

カブトガニ料理
 中国とかタイとかではけっこう食べられるみたいね。キモい。

●海賊料理への道
 いわゆる“海賊料理”というスタイルが出来上がっていく過程。
 イラストが味わい深いです。人間の欲望は果てしないネ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

存在感を追求したアンドロイド

http://robot.watch.impress.co.jp/cda/news/2006/07/21/93.html

Geminoid 「ジェミノイド」っていうそうです。この写真は、作者である石黒博士(ちょっと我孫子武丸さんに似てる)が仕事帰りに自分のコピーロボを飲みに誘ってるところですね。「新橋行くぞ!」みたいな。
 解説によると「人間の持つ“存在感”の本質を理解して工学的に応用することを目的として、遠隔操作機能を有する実在人間型ロボットのプロトタイプ『ジェミノイド(Geminoid)』を開発した」ということなんですが、ポン子の頭ではよく理解できません。東京タワー蝋人形館のジミー・ペイジよりは高機能、ってことですよね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »