« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

カップのネーミング

http://1116.org/nori/archives/001014.html廃人趣向より)

 あ、これはうまいですね。ポン子はD〜Gまでが好きです。むかし、マドンナの来日コンサートの記事が東スポの一面を飾ったことあるけど、そんときの大見出しが
 「マドンナ大胆乳」とかいうので笑ったことあります。

ラヴフールで尻真下)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手がながーーーーい!

http://headlines.yahoo.co.jp/specialfeature/2006worldcup/page/00000035/009.html

 手がながーーーーい!

自動ニュース作成Fで尻真下)

Longhand 消えたらもったいないので小っちゃく貼っておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

耽美 vs 獣脂

その昔、AUTO-MODというバンドがありました。
いや、いまもありますけど。
元祖ビジュアル系、あるいはゴス系みたいなバンドで、
リザードのワカさんや、布袋寅泰氏が参加していたこともあります。

んで、バンドはいまでも現役ですし、
リーダーのGenet(ジュネ)さんはblogをやってたりします。

フェティッシュダディーのゴス日記(直球なタイトルだなあ……)
http://genet.jugem.jp/

そこでは、あいかわらずご健在な剃り上げっぷりというか、
かつてよりパワーアップしたお姿を拝見したりできるんですが、
日記カテゴリーの中に「ラーメン」ってあるんですね。
http://genet.jugem.jp/?cid=22

いやまあ、ゴスの帝王だってラーメンぐらい食べるでしょうけど、
ラーメンカテゴリーを通して読むと、
なんかラーメン二郎系ばっかり行ってて、妙な違和感があります。
ラーメン二郎の獣っぽさと、AUTO-MODの耽美な感じ。
正反対な世界観だと思うんだよねー。

Bu2b でも、豚を血祭りに上げてる、とか、
そういうアレだと思えば、
別におかしことはないのかも。

インサイターで尻真下)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毛髪醤油

http://finance.sina.com.cn/x/20040104/1816589009.shtml

Hair  本来、醤油というのは大豆から抽出したアミノ酸で作られるものですが、大豆よりも安価だという理由で、散髪屋さんから回収してきた人間の毛髪が使われている、という中国でのお話。
 毛髪醤油って聞くと、なんか“髪の毛の絞り汁”的なものを連想して、はげしくキボヂワルイですが、でも、毛髪というのはポリペプチド(アミノ酸が螺旋状に連なったもの)で出来てますからね、それを塩酸(HCl)で加水分解して、苛性ソーダ(NaOH)で中和してやれば、結果的には大豆からアミノ酸を取り出すのとそんなには変わらないわけです。

 でも、そんな醤油、ぜっっっっったい口に入れたくない!

 中華屋で「なんやねん、おっちゃん! このラーメン、髪の毛入ってるやんけー!」とか言って髪の毛を指でつまんで取り出しつつ、餃子の小皿に注ぐ醤油が毛髪醤油、みたいなわけわかんない状況があったりするのかも。ねーよ。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »