« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

キャンディキャンディ弁当

http://ricoco.tblog.jp/?eid=3796

20041129食材を使ってキャンディの似顔を描いてみました、とかそういうレベルではなくなっていて、食欲とは無縁の遠い地平にある別の何かですよ、これは。

イメージ検索ブログより)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知で発見!巨大エガニ

http://www.kochinews.co.jp/0506/050624headline01.htm

050624headline01ほら見て、やっぱりいい笑顔! 巨大収穫を手にすると、なぜかみんな笑顔になってしまうの法則、いまだ継続中。

ミキジ自己満足ページより)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黄桜酒造のカッパ像

http://www.kizakura.co.jp/50th/news/monument.htm

「♪かっぱっぱ〜、るんぱっぱ〜、ぴゃ〜っと黄桜るんぱっぱ〜。どんぴりぴ〜ん、のんじゃった〜、ぴゃ〜っといい気持ち〜んニャ。の〜める、の〜める、の〜める、の〜める、い〜けるけるけるける〜!」でお馴染みの(歌詞長いよ!)黄桜酒造が、カッパのキャラクター誕生50周年を記念してモニュメントを作りました。リンク先の写真だと小さく見えるけど、実物はけっこう大きいみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Musical Baton

 suchi todayのsuchiさんとomolo.comのやまうちさんとモコログのsayumingさんの、なんと3人もからMusical Batonがまわってきたよ。ポン子大人気。次のバトンを5人に回すっていうのがネズミ講っぽい(Like a Pyramid Selling!)けど、いやなら無視すればいいだけだし、ポン子に回してくれたことは素直にうれしいので文句言わずにやってみます。

Total volume of music files on my computer:
(コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量


 11.64GB。あんまり多いほうじゃないと思う。ハードディスクが60GBしかないから、音楽にばっかり場所とらせるわけにいかないし。音質とかもそんなに気にしないので、ファイル形式は全部MP3。ビットレートは音楽が128kbpsで、落語が64kbps。合計すると約3700曲(席)。

Song playing right now:(いま聴いている曲)

木遣りくずし / 芝杏
 ポン子はいま三味線(端唄)のお稽古に通っているので、師匠のお手本をICレコーダーで録音し、WMA→AIFF→MP3と変換して、ヒマさえあればiPodで聴いています。

The last CD I bought:(最後に買ったCD)

The 吉原 / 栄芝×近藤等則
yoshiwara ポン子が端唄を習ってる芝杏師匠は“栄芝会”という流派に所属していて、これはそこの家元の栄芝先生と、孤高のトランペッター近藤等則さんとのコラボレーションアルバム。こんなの出てるの全然知らなくて、先週レコード屋さんの店頭で見つけてビックリした。家元かっこよすぎ。


Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me:
(よく聴く、または特別な思い入れのある5曲)


スモーキンブギ / ダウンタウンブギウギバンド
smorkin 中学生のときにはじめて自分のお小遣いで買ったレコード。プレスリーにキャロル、クールス、クレイジーケンバンド、氣志團……という“リーゼントロック”が大好きになっちゃったのは、このときから運命づけられていたんだと思う。


Break Bottle / JUNGLE'S
jungles 日本ではブルーハーツからサンボマスターに至る流れで、いまや普通に誰でもパンク(的な音楽)を聴く時代になりました。ポン子もうっかりするとそっちに流れそうになるのだけど、初期パンクの衝動を忘れないよう定期的に聴いているのが、1981年にシティロッカーレコードの第1弾としてリリースされたこの曲。川田良によるギターの激しいカッティングがとてつもない高揚感を生み出す永遠の最高傑作です。

 ポン子は自分のアナログ盤をCD-Rに焼いたものも持ってるけど、できれば正式にCDでの再発をお願いしたいです。誰に頼めばいいのかわかんないけど。

白い蝶のサンバ / 森山加代子
shiroicho1 1970年のヒット歌謡ソング。小学生の頃に「8時だよ全員集合!」のゲストコーナーで聴いて気に入り、それから10年後、どうしてもまた聴きたくなって蒲田のえとせとらレコードまで買いに行った。そのとき一緒に購入したのが店頭で委託販売されていた「よい子の歌謡曲 第8号」で、それを読んだのがキッカケで物書きの世界に入ることになったという、運命を変えた1曲。

 どうよ、この足。


モーニングラブ / 水木豪&ウルフ
morninglove 日本音楽史のなかでまったく語られたことがなく、幻の名盤解放同盟すらも手をつけていないという奇跡的なまでに幻の覆面歌謡ロックバンド。最初に新宿の中古盤屋で見つけて、あまりのすごさにあらゆる友達に聴かせてまわったけど、誰にもよろこばれなかった。その後、渋谷のイエローポップで同じ盤をまた見つけて、これはもう独占するしかない!と、また買いました。

 水木豪先生は、その後、息子と2人で流しの浪曲師みたいなことをやっていたけど(その様子がなぜか「夕焼けニャンニャン」の中でレポートされたことがある)、現在は消息不明です。


You're So Cool / Hans Zimmer
true ポン子はハリウッド製の大金をかけまくって物をどんどんぶっ壊していくアクション映画が大好きで、そういう破壊シーンを盛り上げる豪快なスコアを書かせたら世界一なのが、このハンス・ジマー先生。
 先生が手掛けたサントラアルバムはずいぶん買ったけど、もっとも繰り返し聴いているのがクリスチャン・スレーター主演の『True Romance』。
 といっても、このアルバムはそんなに激しくなくて、とくに1曲目「You're So Cool」は、いつものジマー節とはうって変わったマリンバの音がせつない静かな小曲で、結婚式のときに(ポン子は結婚してるんですよ)退場時のBGMとして使わせてもらいました。

●Five people to whom I'm passing the baton:

(バトンをわたす 5 名)

 人から人へバトンをわたす、という意味でのチェーンメール自体はかまわないと思うけど、“5人”というのはネズミ講的で抵抗があるし、この企画自体もつまらなくしていくから、バトンをわたすのは1人だけにします。もちろん、わたされた人は無視してくれても全然かまいません。

スタヂオ粋京 / サトータカシさん

 サトーさん、よろしくお願いしま〜す。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

巨大タモギタケを収穫

http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2005/0606/nto0606_14.asp

tamogitake青森県の無職・桑田修全さん(67)が、タケノコ採りをしていて巨大タモギタケを発見! 株の直径は約30センチ、重さは約3キロ! 桑田さん、いい笑顔!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巨木にムーミンこぶ

http://www.sankei.co.jp/news/050603/sha088.htm

sha088-1福岡県御所八幡宮の境内にあるクスノキにムーミンそっくりなこぶが発見された、というお話。こういうのって、そう言われてもどこが似てるんだかさっぱりわかんないことが多いんだけど、これはたしかにムーミン。木の中にムーミンが埋まってる。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »