« 石川県羽咋駅前に馬鹿彫刻 | トップページ | テクナートの石川次郎広告漫画集 »

紙切り1年戦争

http://thundergate.jp/chicago/daitouryou/kamikiri/images/index.htm

Gundam

 先週、お仕事で名古屋へ行ってきましてね、そのついでに大須演芸場で落語を見てきました。見てきた、つったって名古屋には落語家なんて3人しかいませんから、実際に噺をきけたのは雷門幸福さんの「親子酒」だけなんですけど。
 ほいで、他には手品とか浪曲とか漫談とかの、いわゆる「色物」さんばかりが出てくるわけですが、そのなかの1人、紙切り芸人の大東両(だいとうりょう)師匠がすごかった!
 ポン子は「ほりえもん切って!」ってリクエストしたんだけど、「似顔絵じゃないんだからそんなの切れない」って言われて、かわりにポン子のお友達が「名探偵」を、知らないお客さんは「金シャチ」を、それぞれ見事なハサミさばきで切ってもらっていました。
 で、何がすごいって、この大東両師匠は御年83歳にもかかわらず、「ガンダム」とか「シャア」とか「ザク」なんていうのもガシガシ切ってしまうのです。そのへんの入れ知恵をしてるのは立川流を破門になって名古屋へ流れ着いた志加吾(現:獅篭)なんだけど、当日、ポン子はまだそのことを知らなかったからリクエストできなかったのでした。惜しいことをしたなー。もっと早く知っていたら「グフ」を切ってもらったのに〜!

|

« 石川県羽咋駅前に馬鹿彫刻 | トップページ | テクナートの石川次郎広告漫画集 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19366/3331989

この記事へのトラックバック一覧です: 紙切り1年戦争:

« 石川県羽咋駅前に馬鹿彫刻 | トップページ | テクナートの石川次郎広告漫画集 »