« 電車で揺られてまたダムへ | トップページ | ダムカードコレクターの寄り合い所 »

2007年9月 2日 (日)

湯西川温泉、ダムカード採取紀行

というわけで、将来、鬼レアになること必至の
湯西川ダムの金色ダムカードをもらいに、
「水陸両用バスで行く、ダムとダム湖探検ツアー」 に参加してきました。
タイトル長ーい! でも楽しかったですよ!

まずは、自宅を朝6時に車で出発しまして、
10時ちょい前、湯西川温泉駅に到着しました。

4466440_3038868591
▲鉄道駅のすぐ隣に道の駅もあります。

駅舎の中にツアー窓口があったので、
事前に予約していたお客さん(我が家も含む)は、
そこで料金を払って、乗車券をもらいます。

駅前には、すでに水陸両用バスの
「チャレンジャー号」が停車していました。興奮しますねえ。

4466440_1267594213
▲上半分はバス、下半分は船なのでこんな形。

天候があまりよくなかったせいか空席も目立っていましたが、
ツアーの職員さんが張り切って呼び込みをし、
ふつうに観光に来ていた他のお客さんにも声をかけて、
出発する頃にはほぼ満席になっていました。

4466440_3398234424
▲バスの前で記念撮影するニョーボとムスメ。

で、このバスに20分ほど揺られ、川治ダムに到着。
ここで一旦バスを降り、ダム内部の見学をさせてもらいます。
今日は特別なツアーですので、
普段は入れない内部エレベータでダム本体の中層まで降り、
キャットウォークを歩かせてもらえます。

4466440_2797502891
▲この位置で高さ80m。7歳にして高所が平気なムスメです。

ダム本体内部の見学はいろいろと刺激的でしたが、
それを語るのはこのブログの役目ではないので、ばっさり割愛。
ふたたびバスに乗って、今度はやや上流にあるダム湖へ行きます。

そして、これがこのツアーの最大の見せ場、ダム湖への進水です。
水陸両用バスは我々乗客をのせたまま、
ダム湖の脇に設けられたスロープからザブザブと進水していきます。

ところで、水陸両用車にのっている自分たちの様子は
自分自身では見ることができませんよね。
そこで、進水する様子を克明に見てもらうために、
実は出発時から小型水陸両用車が1台、ツアーに伴走してまして、
わざわざそれも進水して見せてくれるんです。
この気持ちの行き届いたサービスには感心させられましたねえ。

4466440_2525775753
▲進水するプチ水陸両用車。

ダム湖の水面を20分ばかりプカプカと遊覧したら、
ふたたび陸へあがって、湯西川駅へ戻り、ツアーは終了です。
こうして書くと、ずいぶんあっさりしたツアーだな
と思われるかもしれませんが、そんなことはないんですよ。
心のこもった解説に、プチ水陸両用車、
そして運転手さんがいつの間にかカッパの扮装をしているなど、
お客を楽しませようとする熱意がビンビンに伝わってくる、
とてもいい観光ツアーでした。

で、駅に戻ってきたらアンケートを記入して提出します。
すると、水陸両用バスの乗車記念として、
この湯西川ダムカード(金色!)がいただけました。

4466440_368788912
▲これだけ特別、ゴールドカード!

このカードのことは、公式にはアナウンスされていないので、
我が家以外、ツアー参加者の誰も知らなかったようですね。
カードをもらっても不思議そうな顔をしていたり、
そもそもアンケートを書かずに去っていく人も多かったですから。

 *  *  *

はい、ここまでで重要な目的のひとつは果たせました。
しかし湯西川のゴールドカードは、
ダムカードコレクション的にはあくまでも例外でしかありません。

本当の目的は、湯西川周辺のダムで配布している
通常のダムカード3種を一気に集めて帰ることなのです。
では、一気にいきましょう。

駅の駐車場に止めておいた車に乗って、
先ほどの川治ダムに戻ります。
管理支所の職員さんに「また来たの?」って顔をされつつ
ダムカードを1枚わけてもらいます。
本当はニョーボとムスメの分もほしかったのですが、
職員さんが忙しそうにしておられたので、1枚で我慢します。

4466440_3831786819
▲相手はお仕事中なので、無理強いは禁物です。

続いて、川治ダムから10分ほどのところにある五十里ダムへ。
ここにはビジターセンターがあるのですが、
無人だったので土日はお休みのようです。
でも、管理支所のインタホンで職員さんにお願いしたら、
すぐに出てきてダムカードを分けてくれました。

4466440_3367633941
▲ここでは人数分として3枚くれましたよ。

そして最後は、五十里ダムから30分ほどの川俣ダムです。
ダムというのは、ひとつの地域に複数が建設されていることも多く、
そういうときには自家用車の機動性がとても役立ちます。

4466440_3584287507
▲川俣ダムのカードは珍しいタテ型としてマニア垂涎です。

以上、湯西川地区のダムカード3種+1を集める旅は
無事に終了です。

出発前は、ゴールドカードなんて実はデマで
その他の3カ所でもカードがもらえなかったりするのかも……
と心配していたんですが、実際にはそんなこともなく、
予想以上の成果をあげる大成功!となりました。

4、5、6枚目ゲット!(コンプリートまで残り105枚)

|

« 電車で揺られてまたダムへ | トップページ | ダムカードコレクターの寄り合い所 »

ダムカ紀行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19366/17899069

この記事へのトラックバック一覧です: 湯西川温泉、ダムカード採取紀行:

« 電車で揺られてまたダムへ | トップページ | ダムカードコレクターの寄り合い所 »